大型車の廃車前にスノーボード!冬はダイナミックに遊ぼ

大型車の廃車前にスノーボード!冬はダイナミックに遊ぼ

大型車の廃車前にスノーボード!冬はダイナミックに遊ぼ

初めにスノーボードを知ったのは18歳の冬でした。その時私はウィンタースポーツに無縁で寒い所も行きたくない!おウチでゴロゴロしていたいインドア派でした。でも当時付き合っていた彼がスノーボードがすごく上手でインドア派の私が一緒に行けたらいいな〜と思い始めたのがきっかけでした。

 

ボードやブーツは初心者なので安物ので揃えたのですが、ウェアーはすごく高かったけど彼が買ってくれウキウキでスキー場に行きました。初めは転んでばかりだったけど、だんだん転ぶ回数が減り一人で乗れた時は、今までにない達成感を味わえました。

 

それから時間さえ合えば彼とスキー場に行ってたのですが、私がもっと練習がしたいと思い、彼と行くほかにスノボの友人とも行くようになるぐらいハマってしまいました。

 

 

毎年冬になるとウズウズし始め、スキー場情報のゲレンデ滑走可能なのか毎日チェックしスキー場オープンに合わせ有給をとり、次の日仕事で筋肉痛になることなんて考えないで一日中滑っていました。そのうち滑るだけでなくジャンプとかハーフパイプもしたいな…と考えたけど、勇気がなく諦めていました。

 

この頃には彼と別れてスノボ仲間とばかり遊んでましたが、何かの縁でスノボを全くしない旦那と付き合うようになって、あんなに大好きだったスノボを一切しなくなりました。でもスノボの映像や雑誌などを目にするとちょっとウズウズしてました。

 

私も30歳になりこれからこの彼と結婚を考えていますが、子供ができ大きくなったらスキーが彼ででスノボを私が教えようという夢があります。その時、体が動くか心配でありますが家族とスキー場で滑ることが私の楽しみです。

 

 

スノボーに行くには大型車が安全ですよね。冬も夏も安全性を気にしながら頑張っていくべきだと思いますね。

 

 

 

 

そこで、徳島県に住んでみて、他県との違いを私なりに感じたことを書きます。

 

 

1、シャイな人が多い

 

 

 

人柄は、これにつきる。というのが私の感想です。

 

 

人柄の県民性を感じるのは、初対面から、親しくなるまでが一番違いを感じますが、徳島の人は、初めての子供の参観日などでも、ほとんど誰も、話しかけてくれません出した。

 

 

他県の人は、子供が親しかったり、すると、話しかけてくださるひとがいますが、自分から話しかけるまで誰も、声はかけてもらえません。PTAの仕事などで、親しくなってもアドレスなどの交換も、誰一人聞いてくれる人はいません。

 

 

何よりも、話すときの態度が、数人で話していても、わかる人にしか目線を合わせません。

 

 

ひどいときは背を向けられることもしばしばです。でも、人が悪いこととはちがって、話をして、仲良くなれば、細かなところまで親切にしてくださいます。

 

 

喫煙率が高い。

 

 

これは、私の知り合った人にもよりますが、大体、私はどの県に行っても、10人いれば、喫煙者は1から2人もしくはいないくらい、なのですが、私の知っている人(PTA)で10人にうち、半数のお母さんが喫煙してました。

 

 

子供はゲーム好き

 

 

どの県でも、子供はゲーム好きですが、徳島は特にのような気がしました。
これも、子供の友達の関係もありますが、うちの子供は、遊びに出かければ、必ずどこかで、(学校、殿立ちの家、私の自宅)で、ずっとゲームでした。
でも、子供自体は、優しく、素直な子が多かったように思います。喧嘩ありますが、問題になるような仲間外れや、ひどい口のきき方をする子は少なかったです。

 

店員の態度が素っ気ない

 

 

これも、シャイと同じようなことですが、店員が素っ気なく感じました。わからないことを聞いても、聞いたことにしか答えません。愛想笑いも少ないように感じました。

 

人と広く浅く付き合うには、問題ありませんが、少しさみしいような感じがしました。
徳島県で、楽しく人と付き合うには、時間がかかります。

 

 

自分を出して理解してもらうよりまず、自分は誠実な人間であることをいかにわかってもらうかが、大切なのかなと思いました。
シャイの方が多いので、嫌われている、というような心配は無用です。素っ気ないのは誰に対してもだと思います。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ